美肌 キープ

私なりの美肌をキープする簡単な方法

 

私がメイクに興味を持ち始めたのは15歳のときです。その頃から姉の影響で、洗顔をする・化粧水をつけるという簡単なことは毎日行っていました。

 

 

メイクを始めたばかりの頃は色つきリップを使用したり、アイメイクをするぐらいでしたが、18歳ごろになると、本格的にファンデーションを使い始めたりしていました。

 

 

夜遅くまで遊ぶことも多くなり、睡眠時間はほとんどないような時期でしたが、ニキビに悩む子が多い中、私は全くにきびができず、悩みませんでした。

 

 

 

 

帰るとどれだけ眠くても毎日一番にメイクだけはしっかりクレンジングで綺麗に落とし、洗顔はもこもこの泡で優しく撫でるように洗い、化粧水と乳液を必ずつけて保湿をしてベッドに入るようにしていたからだと思います。お風呂に入るのが面倒でも、クレンジングと洗顔でしっかり「落とす」、化粧水と乳液でしっかり「保湿」をすることは欠かしませんでした。

 

 

 

 

更に、化粧品を選ぶときは紫外線カット成分が入っているものを必ず選ぶようにしていました。

 

メイクをしない日でも、顔用の日焼け止めだけは真夏だけでなく、冬でもしっかりつけて外に出るようにしていました。

 

おかげで今でも顔だけは色白だねと言われます。

 

 

 

 

 

クレンジングと洗顔は肌に負担だといわれますが、しっかり汚れを落とさないと後からどれだけ高価な化粧水を入れても、意味がないと思います。汚れにつけているようなものです。

 

 

余分な皮脂や水分までW洗顔は取るので、化粧水や乳液をしてしっかり保湿をするのです。

 

特に化粧水は肌に入っていく量が決まっているので、肌がしっとりするまでつけるようにしています。

 

フェイスパックを使用するときも、化粧水を最初に肌につけ、軽く馴染ませ、水分の通り道をつくってあげてからフェイスパックをつけると、肌への浸透力があがり、化粧水をつけないときに比べると、肌がもっちりするようになりました。

 

 

 

 

朝と晩、面倒でも毎日もこもこの泡で肌に滑らせるように洗うことで、肌への摩擦を軽減し、余分な汚れを綺麗にとることができます。

 

簡単なことですが、毎日の継続が大切な「落とす」「保湿」「防ぐ」は私がずっと気をつけている美容方法です。